身体科におけるうつスクリーニング検査&研修・臨床研究ソフト 身体疾患患者精神的支援ストラテジー

『うつスクリーニング』が日本で初めてソフトウェアになりました

弊社「ストレス診断」ソフトウェアの特長

  1. どんなパソコンにも使用できるインポート仕様の簡単操作のソフトウェア
  2. ナレーション方式も搭載され、タッチで応えるストレス診断
  3. ストレス度・評価を自動表示
  4. 国際的に評価されているストレス診断(スクリーニング)PHQ-9を採用
  5. 信頼できる国立精神・神経医療研究センターの企画・監修
  6. 臨床研究ができる機能を搭載
 

トピックス

2013-09-20

月刊地域保健2013年9月号に掲載

プライマリケアからのうつ早期発見への展望

自殺の大きな要因であるうつ病の早期発見の重要性が叫ばれているが、実際のところ専門医でなければ診断が難しいのが現状だ。(略)かかりつけ医や地域保健の段階からの幅広い早期発見、専門医への受診促進が期待される。 つづきを読む...